トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

「表現力MAX」Tシャツ!

ウェアもあたなの一部となる!

いつまでも心に残るダンスって感動が桁違いだ。
いい意味で予想を裏切られるダンスには心が震えるもの。
ダンサーの動き、ダンステクニック、音楽 … そういった大きな軸に、
ダンサーが纏い、醸し出す雰囲気、そのすべてが融合して一つの作品となるダンス。

総合プロデュース

内側で動くものとのシンクロするダンス…それは、見る人の心のどこかを掴んでしまう。
ダンサー自身が「何か」心を動かされる、「何か」感じるものがある、
そういったものをあますことなく表現するダンスには、ダンサーと同じ「何か」を持つ人が
心を捕らわれ、ダンサーの世界観にシンクロしていく、それがダンスの醍醐味ではないだろうか。
ダンサーの内側からの表現が、見ている人本人でさえ気づいてなかった自分に気づく、
そんな感動を生み出すダンス。だからこそ、余すことなくその「何か」を伝えるためにも、
ダンサーは身に着けるもの全てを含めたトータルの表現力を高めたい。

表現の目的?

ダンスで最大に表現し、余すところなくメッセージを伝えるためにも、
何を伝えたいか、何を表現したいか、自分でもわかっていないとぶれてくるものだ。
わかっていなければ、その目的に合わせた動き、音楽、場所、ウェアなども見えてこない。
最大限に伝えるために、全てをデザインしたいもの。

そのためには、表現の目的を明確にしてから作り込むというのも一つの方法。
大まかな骨格が決まったら、着用するウェアやアクセサリー類のイメージカラー、デザイン、シルエット、
テクスチャーなどのこだわるポイントも見えてくる。

まずは視覚にアピール

ダンスパフォーマンスは五感のなかでも、特に視覚にアピールされる。
もちろん、視覚だけではない。視覚に始まり観客の五感をフルに刺激し始める。
五感を満たされ、または刺激された観客はダンスへのシンパシーに感動する。

ダンスを感じてもらうきっかけに、まずは最初の視覚へのアピールはとても大切。
もし、メッセージ性の強いパフォーマンスであれば、 ダンスウェアにダンステーマやメッセージを
プリントすれば、よりダイレクトに観客のみなさんに届くだろう。

オリジナルTシャツの威力

ダンスウェアの中でも、トップスのTシャツなどは一番顔に近いので目がいきやすい。
そんなトップスにオリジナルプリントしてあるとメッセージも伝わりやすい。
テーマカラーのTシャツにメッセージやイラストをプリントしてもいい。
また、モノクロカラーのTシャツにメッセージやイラストなどをテーマカラーでプリントしてもいい。
ダンスのテーマや世界観が作りこまれていればそれをイメージさせる写真をプリントするのも一つの手。

ダンサーの表現力を高めるものの一つとして、 オリジナルTシャツはダンサーの大きな力、
一つのツールとしても活用度が大きいアイテムといえる。

「表現力MAX」Tシャツ! ページトップへ