トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
45678910
11
121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

ダンスの練習着

練習中こそウェアも手を抜くな

やっただけうまくなるダンスの練習はほぼ毎日、オールシーズン。
ダンステクニックと同じく、ダンサーが纏う雰囲気だってその一日一日の積み重ねにより磨きがかかってくる。
練習だからって、誰も見てないからって、だらしない恰好で練習していては折角の積み重ねが半減。
他人は見ていなくても、自分は見ている。

人は思った以上に見たものに影響され感情も左右されるもの。
だらしない恰好はだらしない気持ちを生むことにつながる。
練習着がだらしなかった人は今日から練習着のダンスウェアを見直そう。練習成果も違ってくるかも♪

スタイリングの目標

練習着って…何を着たらいいかわからない…
そんなあなた、もしかしたらまだ目標とするダンサーが見つかっていないのかもしれません。
人は真似をして大きく成長していくもの。まずは真似をする相手が必要。
初めは憧れのダンサーや、目標のダンサーの恰好を真似するところから入るのもいいのでは。
もし自分のスタイルがまだみつかっていなかったら、 目標とするダンサーを見つけて
その雰囲気を練習着にも取り入れるところから始めたらどうだろう?

スタイリングも自分を作る

自分のなりたいスタイルがみつかったら、その雰囲気にあったウェアを選び、練習着にしよう。
たとえ練習であっても、その雰囲気の中で過ごす時間、自分は磨かれていく。
人は良くも悪くも見かけで判断され、それは自分への扱いとなって返ってくる。
自分への扱いが自分のプライドにもつながる。

自分のスタイリングで自分がどう振る舞うかは無意識のうちにやっているだろう。
きりっとした恰好ならば、きりっとした判断。動作。その恰好にふさわしい振る舞いをするはずだ。
目標が明確になってきたら、ほんの少し自分らしさ、オリジナリティを加えてみては?
たとえば、Tシャツに自分らしいオリジナルプリントを入れて、 オリジナルTシャツを作ってもいい。

ダンサーのスウェット練習着

もちろん、ダンサーにとって身に着けるものは動きやすい素材であることは必須。
動きを制限するウェアだと練習にも支障が出る。
そんな機能性重視なこともあり、ダンサーがよく身に着けているのがスウェット
比較的、廉価で手に入るスウェットだけど、自分仕様にオリジナルプリントできるのをご存じだろうか?
たった一か所のプリントだけでも、その雰囲気もガラリと変わる。

オールシーズンの練習に何かと活躍するのがスウェットの練習着。
もちろん、ウォーミングUPにも大活躍。
でも便利だから、着ていて楽だからといって、スウェット一つでも冒頭の通り、手を抜かないように!
ぜひ、オリジナルプリントを入れて自分のスタイリングを目標に近づけよう。

ダンスの練習着 ページトップへ