トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4567
8
910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

インクジェットプリント

1枚からでもOK!質感にもこだわるならこのプリント

近年開発が進んでいる、生地に直接インクを吹き掛けてプリントする方法です。
Tシャツ生地に直接インクジェットプリントするため、風合いが柔らかく仕上がります。
カラフルなプリントが可能であるのに周りに糊の淵が残らず、今後注目されていく
プリント方法だということは確かです。
プリントは1枚から対応できるので、必要な時に必要なだけオリジナルプリントが可能!
デジタルカメラの写真や製作したパソコンのデータをそのまま Tシャツにプリントする事ができます。

特徴

インクジェットプリントの特徴は、プリント部分のゴワつき感がなく、
風合いがとても良く着心地抜群です。
デザインの再現性が高く、ふちや糊の跡を出さずにデザインを表現できますので、
イラストやグラデーション、グラフィックデザインされたTシャツなどにお勧めです。
糊の淵が出ないというのは、フルカラープリントでは画期的なプリント方法でしょう。
ただ、Tシャツの色が濃色だと直接デザインの色に影響が出てしまうため、
まだまだこれから開発段階だといえるプリント方法でもあります。
白Tシャツにプリントするのが無難でしょう。
淡い色合いにはなりますが、今までのプリント部分が固いゴワゴワのイメージから離れ、
この雰囲気を好む人も増えています。

メリット・得意分野

フルカラーデザインのプリントに向いています。
版を作成しないため、小ロットのTシャツ作りに向いています。
転写プリントと同様に色が何色増えても値段が変わりません。
デザインの再現性が高く、糊やふちを出さずに表現ができます。
インクを直接拭き掛けるため、柔らかい風合いがあります。
顔料インクで印刷するので、通気性がよく加工面が割れたりせずきれいに仕上がります。
シルクプリントよりも短期間で製作できます。

デメリット・苦手分野

インクを拭き掛けるため、墨絵調のような霞む色合いになり、
デザインの色を100%同じ色に対応できません。
デザインの画素数が低いとデザインが荒くなってしまいます。
濃色生地へのプリントは下地の色の影響を受け、ベタプリントは、はっきりとした色が出にくいです。
インクに厚みがないため、シルクスクリーンプリントのようなかっちりとした仕上がりにはなりません。
金・銀・蛍光色等の特殊な色は再現できません。

インクジェットプリント ページトップへ