トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

いろいろな素材を組み合わせたい

オリジナルプリントをもっと豪華に

文字、イラスト、写真、背番号など組み合わせによっては、 オリジナルTシャツの出来栄えがグーンとUPします。
一つのイラストをデザインして真ん中にプリントしたら「よし満足!」、
となるかもしれませんが、そこはもう一工夫。
ちょっと何かをプラスしてみましょう。
素材をいろいろと組み合わせることで、さらにグレードアップした作品に仕上がりますよ。

ワンポイントなのに大きな存在感

ワンポイントをプラスするのもまたグレードアップした出来栄えになる手段の一つ。
ワンポイントなのに存在感は大きいのです!
ワンポイントの場合は、シルクプリントをするよりもカッティングプリントがお勧め。
その方が低予算で早く仕上げられます。
星やイニシャル、オリジナルマーク、など、他とちょっと差をつけるのにワンポイントは最適です。
カッティングシートなら、アニマル柄、迷彩、ラメ、レザーテイスト、タータンチェック、ドットなど、
面白デザインのものも取り揃えてあるので、それをプリントするだけでインパクト間違いなし。

ロゴを上手く取り入れよう

イラストや写真だけよりロゴをプラスするのは今や常識。
このロゴをひと工夫することで、またグレードを数段UPさせることができるのです。
ロゴに使われるフォントはたくさん用意してあるので、
その中からイラストに合う一つを厳選しましょう。

ロゴの入れる場所だけでもまた出来栄えに差が出ます。
イラストの下や上にロゴを入れるのではなく、イラストに重ねてプリントしてみたり、
斜めにプリントしてみたり、イラストの右下に小さくプリントしてみたり、
デザイン時に数パターン試してみながらしっくりくる1パターンを見つけましょう。

手書きのロゴももちろんプリントできるので、デザインに合ったフォントが見当たらない…、
なんて方はご自分で書いてみてはいかがでしょう?
自作のロゴもまた味があっていいものです。

写真だけ、イラストだけではない時代

“写真をプリント”、“イラストをプリント”のように、
一つをプリントしたら完成!という方がほとんどだと思いますが、
ここは是非とも写真とイラストを一つのオリジナルTシャツにプリントしてもらいたい!

パソコンでデザインする方は、そんなの意図も簡単にデザインできますが、
パソコンがない方でもできます!
まずは、写真を一枚用意。それとは別にイラストを用意します。
そうです、版は2版作ることになります。
写真の方の版を作り印刷し、インクが乾いたら上からさらにイラストの方の版を印刷します。
例であげると、草っぱらの写真を印刷。そこに宇宙服を着たイラストの人間を印刷。
リアルな野原にイラストの人間がいるといった出来上がりになります。
でも、版は2版しか作っていないのです。これはお得ですね。

こうすることで、格段にグレードアップした風景写真+イラストのコラボTシャツができます。
どうぞ、興味のある方はお試しあれ。
ちなみに、イラストのデザインの方にロゴを追加したりしても、版は2版だけで作成できます。
(インクカラーを変更しない場合です。)

いろいろな素材を組み合わせたい ページトップへ