トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

バックプリントは味

バックにも手を抜かないTシャツ

Tシャツのバックプリントはとても大事です。
バックが無地のTシャツは後ろから見ると味気ないものです。
フロントから見ると各々が個性あるTシャツなのに、
バックから見ると悲しいかなみんな同じに見えてしまう。
個人的にはバックプリントのないTシャツは欲しくないほどです。
バックは人の顔がない分、フロントよりもプリントに注目がいくので、
ここで他の人と差をつける“味のあるTシャツ“となるわけです。
バックプリントがあるのとないのとでは大違いですよ!

バック中央の襟元にワンポイント

バックの襟元中央部分にワンポイントプリントがおしゃれ。
これも個人的に一番好きなバックプリントです。
ここにプリントがあるとなんだかとっても落ち着きます。(笑)
でも、ロングヘアの人だと髪の毛を結わかないと、
バックプリントが見えなくなってしまうところに難点があるんですよね…。
ショートヘア、セミロング、男性の方限定になりますね。残念ですが。

背中にデカデカとプリント

背中に大きくプリントするのも、「背中が語っている」といった雰囲気の
存在感バツグンのオリジナルTシャツになりますね。
その場合のフロントのプリントは、胸や裾にワンポイントやロゴだけを
入れるくらいに留めておきましょう。
両方大きくプリントが入ると両方の存在感がありすぎて重たすぎますよね。
でも、市販ではあまり売っていないので試してみるのも面白そう。(笑)
大きなインディアンの顔をフロントにプリントし、バックにはインディアンの後頭部をプリント。
うーん、欲しいかも。

バック裾に沿ってプリント

面白いのがバックの裾に沿ってプリントを施されたTシャツ。
もちろんフロントも同様に裾に沿ってプリントしてもいいのですが、
バックだけというのがまた奇抜で面白い。
ロングTシャツなら、 ジャケットの下からもそのプリントがチラチラ顔を見せて、
「味のあるTシャツ着てるな〜」とアピールできること間違いなし。
こんなTシャツ欲しかった!という方は、探してないなら オリジナルプリントで作っちゃいましょう!

バックプリントは味 ページトップへ