トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

普通そこにプリントする?!!!

珍しい位置にプリントしよう

プリント箇所でも味を表現できる一つの手段。
Tシャツといえば、胸、背中にプリントするのが一般的ですが、普通のプリント位置を選ぶよりも、
「そこにプリントするの珍しいね!」と言われるようなプリント位置にプリントするだけでも
“味”を演出できるのです。
そういう何気ないところから、「こだわりがあるTシャツだなぁ…」と密かに思われるのでは?
味のあるオリジナルTシャツを完成させるには、 プリント位置も重要なポイントなのです。

パーカのフードにプリント

パーカーのフードにプリントすると、また格別に味のある オリジナルパーカーに。
フロント部分からサイドに渡って広範囲にプリントできますので、
ひとつながりのラインプリントなんかもかっこいいですね。
もちろんワンポイントがフードにプリントされているのも素敵です。

裾に沿ってプリント

裾に沿ってプリントされているTシャツは、珍しい味のあるTシャツになること間違いなしですね。
ジャケットの下からチラ見せされた裾のプリントはオシャレそのもの。
なので、できればTシャツは裾の長めのものがベストですね。

縦の縫い目に沿ってプリント

フロントでもバックでも、縦の縫い目に沿ってプリントするのもまた面白い オリジナルTシャツに仕上がりそう。
イラストや柄を上から下までズラズラっと。もしくは、短めにチョコチョコっと。
どちらも味のあるデザインになりそうです。
ロゴをプリントする場合は読めなくてもいいので敢えて横書きに。
縦書きだとお経になってしまいそう。(笑)
英語だったら逆に縦書きも面白いですね。

ロンTの袖の先にプリント

ロンTの袖の先のプリント可能なギリギリのところに
ワンポイントやラインのプリントを施したら、これまた味のある出来栄えに!
ふと手を見るとそのプリントが見える。
その度にオリジナルで作った自分のロンTが誇らしく思える瞬間になるでしょう。

パンツのおしり・ポケットにプリント

パンツのおしりに大きなジャンボプリントをするのもかなり味があっていいですね。
「こんなパンツは自分じゃないと作れない!」と自負するでしょう。
ポケットも当たり前のようであまりやらないプリント箇所。
ポケットにワンポイントがあると愛しさもグーンとUPしますよ。

ジッパーを渡ってプリント

スウェットやパーカーのジップ部分を渡ってプリントすることも可能です。
「オリジナルでこんなところにもプリントできるの?」と驚かれることでしょう。
そうなんです、できるのにやらないのも勿体ない話です。
是非先立って試してみてください。
それを見た人が、我も先にと同じくジッパーに渡ってプリントしたら、
「私が先駆者だよ!」と鼻高々に自慢して下さいね。

肩の片側にプリント

肩といっても縫い目の上にはプリントできないので、背中寄りの肩にプリントしてみましょう。
一見普通に思われるかもしれませんが、ここにプリントがあるのは意外と珍しい。
やはり前面にプリントをしてしまうのが人間の嵯峨。
胸元にワンポイントを考えている人は、胸元をやめて背中寄りの肩へワンポイントを
入れてみてはいかがでしょう。
他にないオリジナルを求めているのであれば、断然こちらの方がレアですよ!

普通そこにプリントする?!!! ページトップへ