トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

カラフルは賑やかで楽しい

カラフルTシャツはみんなを元気に

カラフルなオリジナルTシャツを作成するのは難しい印象がありますね。
でも、シンプルなTシャツもクールでかっこいいけれど、
カラフルなTシャツは賑やかで楽しいTシャツへとまた変貌するので、
こちらも作ってみたいと思いますよね。
シンプルなものよりもカラフルなものは作るのが難しい、
だからこそそこに“味”が生まれます。
みんなを元気にできるようなカラフルでハイセンスなTシャツを!
ごちゃごちゃ感を気にせず、カラフルな模様やイラストで作成してみましょう。

テイストが同じ色の仲間で

青は青でも、この青はなんか合わないと思ったりすることありますよね。
それはカラーテイストが違うからなんです。
パステルカラー、ビビッドカラー、メトロカラーなど、
カラーテイストが同じものを使用するのが基本です。
いくらカラフルとはいえ、テイストの違ったカラーを組み合わせては台無しに。
ビビッドカラーの中に、少し暗めの和テイストなオレンジを使ったら、
「あれ?…しっくりこない」となりますよね。
パステルカラーの中に強めの赤を使ったら…、浮いてしまって大変です。
この基本だけ守れば好きなだけカラーを使ってデザインしても大丈夫。
“味”のあるTシャツが完成しそうな予感がします。
「6色だけ使う」などと始めに使う色を決めて作成するのも失敗のない方法でしょう。

固定概念を捨てよう

口は赤くなきゃいけない、髪の毛は黒か金髪じゃなきゃいけないなど、
ここの部分にはこの色じゃなきゃいけないといった固定概念をまず捨てましょう。
カラフルなイラストを描く時は、型にはまるのはご法度です。
目が青くたって鼻が黄色くたっていいんです。
自由に自分の感性でカラーをふんだんに使って表現しましょう。

色の使い方を考えよう

フロントでもバックでも、描いている線が自由に色を変えていくようなカラフルな描き方もいいですし、
描いたイラストを自由に6分割にして、そこに一色ずつ色を当てはめていくのもまた良さそうです。
幾つかの柄を組み合わせてデザインする場合は、その一つの柄に異なった一色を使い、
いくつもの柄を重ね合わせる方法が良さそうですね。
柄じゃなく小さなイラストをたくさん描いてデザインする場合も、同じく一つのイラストに一色を使い、
たくさんのカラフルなイラストを描いてデザインすれば、賑やかで楽しいオリジナルTシャツが完成しますね。

カラフルは賑やかで楽しい ページトップへ