トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

こんなに淡い色にするんじゃなかった…

淡いインクカラーはTシャツカラーも念頭に

プリントのインクカラーを決めるのは、やはりTシャツの カラーを念頭において考えなくては、
「プリントが見えづらい…」などと失敗の結果を招いてしまうことに!
もちろん、インクカラーとTシャツカラーとの配色を考える面でも大事ですが、
白Tシャツと紺Tシャツではインクの映え方が思う以上に変わってきます。
何色ものTシャツカラーを選ぶ場合は、特に注意が必要です。

淡色Tシャツに淡いインクはNG

インクカラーをパステルなど淡い色合いにした場合、白Tシャツと紺Tシャツとでは
まったく色の映え方が変わってきます。
紺Tシャツにはとてもよく映えるのに対し、白Tシャツには霞んで見えなくなってしまいます。
紺や黒のような濃色Tシャツには、白も然り、パステルカラーや淡い色のインクは
最適といっていいでしょう。

同系色はインクが映えない

インクを選ぶポイントとして、同系色はインクが映えないので、
Tシャツとインクカラーは同系色ではなく反対色を選ぶのが良いとされています。

例えば、赤、青の両方のTシャツを作成する時には、紫やオレンジなどのインクカラーより、
黄色のインクカラーの方がどちらの色のTシャツにも映えますよね。
しかし、ここに白やナチュラルのような淡いTシャツカラーが加わると、
黄色のインクカラーは映えなくなります。
この場合は、ライムなどの明るめの緑のインクカラーを選べばどのTシャツにも映えるようになります。

このように、作成するTシャツのどのカラーにも合うインクカラーを選ぶように心がけましょう。
サイトの『インクカラーとフォント』ページより、簡単にTシャツカラーとインクカラーの
マッチングをテストできるので、イメージの確認に是非ご利用ください。

明るいカラーバリエなら黒インク

黒、紺、紫などのTシャツカラー以外の明るいカラーばかりをセレクトして作るなら、
無難に黒インクがお勧めです。
やはりせっかくのデザイン、見えないのは一番のNGです。
黒インクでしっかりデザイン画をプリントすることで、
無難ながらにもパチっと映える失敗のないオリジナルTシャツに仕上がります。

インクジェットは白Tシャツに

最近開発が進められているインクジェットプリント。
このプリント方法は直接生地にインクを吹きかけ、カラーを豊富に使ったデザインも
糊の淵なしでプリントできるため、今後注目されるプリント方法ですが、
くっきり印刷されるのではなく墨絵調に印刷されるため、
特に濃いTシャツへのプリントがあまり得意ではありません。

このプリント方式を選ぶなら淡いインクカラーは避け、
濃いインクを白Tシャツにプリントすることをお勧めします。

こんなに淡い色にするんじゃなかった… ページトップへ