トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

予備にもっと枚数を頼むべきだった…

オリジナルTシャツの枚数を再度チェック

よくある失敗談のうちの一つが、枚数が足りなかったという話。
自分では完璧に数えているつもりでも、来客用が必要だったり、
顧問の先生分が足りなかったり、意外と枚数不足がよくあります。
イベントで使うときは間に合わなかったら大変!
そうならないためにも、最後にもう一度枚数をチェックしましょう。

自分の枚数は入ってる?

笑えないくらい多い失敗が自分の枚数が入っていないこと。
幹事はまとめるのが大変で、みんなのサイズ、カラー、作成枚数を聞いてメモして、
周り終わったら一息。
その間にもデザイン画はこれでいいか、担当者からの電話を受けたりして。
そして集計し始めたら自分の分を忘れる。
これが意外と多い失敗談なんです。幹事さん、お疲れ様です。

メインメンバー以外の枚数を見落としがち

スポーツの大会やインターハイ、運動会、 発表会、文化祭などでは先生方や親御さん、
陰ながらお手伝いをしてくれている後輩や応援団など。
バンドのライブやイベントでは裏方スタッフやファンのみなさん。
主要メンバーが活躍する中、近くで陰ながら支えてくれている人々が必ずいます。
裏方さんの分のオリジナルTシャツはちゃんと枚数に入っていますか?
いつもの感謝もこめて、お揃いのオリジナルTシャツを用意しましょう。
同じTシャツを着ることで、団結力も深まりさらに強い力となります。

多めに作る策も考えよう

ちょうどの枚数を作るよりも、多めに枚数を作る手を考えてみましょう。
一枚あたりのコストが安くなることもあり、それはいい解決案になるかもしれません。
文化祭の場合など、イベントでのオリジナルTシャツが余った場合は、
『じゃんけん大会』を開いても盛り上がれそう。
よく頑張った人に余った分をプレゼントするのもいいご褒美に。
そのためにみんな一生懸命掃除するようになったら、多めに作ったのはいろんな意味で
お得だったかもしれませんね。(笑)

「追加発注できるから」と油断しないで

追加発注できるものの、発注が遅れて文化祭などのイベント前日に ギリギリで出来上がってきた場合は、
「もう追加発注が間に合わない!」などの悲しい失敗談として残らないように、
最後にもう一度枚数をチェックしましょう。
その際、ついでにカラー、サイズチェックも最終確認しましょう。

予備にもっと枚数を頼むべきだった… ページトップへ