トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

バランス

いいデザインにはバランスのとれたレイアウトがされている

バランスは全てにおいて存在しますよね。
食事のバランス、コーディネートのバランス、人生のバランス、などなど。
デザインにおいても同じく存在します。
いいバランスをとるには何にでもちょっとしたコツがあって、
それをちょっと知っているとハードルも超えやすくなります。
オリジナルTシャツを作る際も、 バランスを取るコツを知っているといい作品作りにつながります。

バランスをとるって…?

バランスが取れている状態とは重さや力が釣り合っていて均衡な状態のことです。
オリジナルTシャツのデザインのバランスをとるというのは、
プリントする要素(イラスト、写真、文字)とプリントするTシャツとのバランスや、
プリントする要素どうしのバランスになりますね。
Tシャツやプリントする要素の色の種類、サイズ、レイアウト方法など
全てのものがバランスを取るのに関わってきます。

メインの部分を決めましょう

すべての要素を同じレベルでレイアウトしてしまうと、すべてが主張することになり、
漫なイメージを与え、統一感が失われてしまいます。
メインとなるものを決めることは全てのバランスを取る要となります。
サイズや色の選択の際、大きな基準となるのでデザインのバランスをとる上でとても大切です。
メインとなる要素以外のものは、役割にあった適切なサイズ、色で表現し
レイアウトするようにしましょう。

余白をうまく使う

余白というと、たまたま余っている空白というイメージがありますが、
バランスをとるためにあえて、余白を組み込むというのもバランスをとる一つの手です。
余白を上手に使うことで、洗練された印象や高級感も演出することができます。

シンメトリー

左右対称になっているものをシンメトリーといいます。
西洋では古くから好まれた配置です。
中心から左右対称に揃っている、富士山、西洋の古い建築物などに見る
左右対称の姿は美しく、また、落ち着き、安心感、安定を感じます。

アシンメトリー

シンメトリーと反対で、非対称のことをいいます。
シンメトリーが安定感を与えるのに対して、アシンメトリーは変化や不安定さを表現します。
日本では古くから生け花や浮世絵、日本庭園といった中にアシメントリーの美しさを見出していました。
メインとなるデザインの要素をあえて、中心からずらして余白を作ることで
視線の広がりや動きを表現するのですが、意外と難しい方法です。
シンメトリー(左右対称)の中に、アシメントリー(非対称)となる要素を加えるという方法も
あります。

バランス ページトップへ