トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

色とバランス

色の特性を知って上手にバランスを取る

全てにおいて大切なのがバランスです。
オリジナルTシャツを作るときも、様々なバランスが大切になってきます。
ここでは色の特性と、そのバランスによる見え方、感じ方などについて書いています。

色のイメージ

色にはそれぞれ心理的な印象やイメージがあります。
例えば、赤は情熱的、意欲ななど。青は消極的、誠実など。
一般的に暖色は感情を高めるので興奮色と呼ばれたりします。
また、寒色は地味で静かなイメージで冷たさを感じさせる静寂色と呼ばれます。

どの色にしてもポジティブとネガティブ、どちらの印象やイメージがあるので、
各色にどんなイメージを持ちやすいのか一通り知っておくと
イメージから色を選択する際とても役立ちます。
色の本やwebで一度調べてみると楽しいですよ。

色のイメージを活用してイメージUP

例えば、お祭りの写真に暖色の赤やオレンジで文字を入れれば、
楽しいイメージ、賑やかなイメージが膨らみ、お祭りのイメージがUPします。
また、海の写真に寒色の色をプラスすれば、より、寒々しさや、爽やかなイメージがUPします。

同じ色でも面積で印象が違う

同じ色を小さな面積で見たときと大きな面積で見たときの印象は違います。
明るい色は面積が大きくなるにつれ、より鮮やかで明るく見えます。
また、暗い色は面積が大きくなるにつれ、より暗く見えるようになります。
ですから、見せたい色に近づくように、出来上がりの面積での色の見え方や印象を考慮して調整し
バランスをとることは大切です。
ちなみに私は布チップのサンプルから色を選んでカーテンをオーダーしたら、
予想より暗いイメージになってしまったことがあります。

同じデザインでも色で感じる大きさが変わる

暖色>寒色
同じ大きさの図柄でも寒色と暖色では、暖色の方が大きく膨張して見えます。
寒色は小さく縮小して見えます。

明るい色>暗い色
同様に、明るい色の方が暗い色より膨張して見えます。
また、暗い色は縮小して見えます。

背景暗い>背景明るい
同様に、同色の同じ図柄をを暗い背景に乗せたとき、明るい背景に乗せたときでは、
暗い背景に乗せたほうが、図柄が膨張してみえます。
また明るい背景に乗せた場合は図柄が縮小してみえます。

明度がある強い色どうしの組合わせ

明度の高い強い色どうしを組み合わせれば、力強さやダイナミックさを表現することもできますが、
そのバランスが難しいところです。
一歩間違えると、うるさい印象しか残らないこともあるので、その分量や組み合わせは注意が必要です。
メインの見せたい色がある場合はその周りにはあえて、
渋目の色を配色するのも美しく見せるコツの1つです。

目につきやすい色の組み合わせ

明度差が高い色の組み合わせは、遠くからでもパッと目につくような
見えやすい色の組み合わせになります。
宣伝効果を狙うときやインパクトを与えたい時などにいいですね。
オリジナルTシャツでいえば、Tシャツの色と、ロゴなどのプリントする色を
明度差が高い組み合わせにすれば、そうなります。
たとえば、黄色のTシャツに黒いロゴをプリントすればとても目につきやすいですね。
道路の標識などがいい例です。

色とバランス ページトップへ