トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

嗅覚をデザイン

香り、匂い、記憶をデザイン

嗅覚とは、鼻で受けた化学物質を認知する感覚のことです。
香水がその香りからイメージを湧き起こすように、
香りや匂いとイメージはとても強く結びついているように思います。
目に見えないけれど、嗅覚で認知した確かに強い存在としてある香りや匂いを
プリントで目に見えるカタチにしてみるとどんなデザインになるのでしょう。(^^)

嗅覚は、五感に働く遺伝子の数が多いので、ほかの感覚に比べて比較的長く記憶を維持できるそうですよ。
ですから、きっと一人ひとりがもつ、嗅覚の記憶やイメージはかなり個人的なものが色濃く出そうですね。
他の感覚では他人と共感する部分が多いと思いますが、嗅覚からくるイメージは
そうではないかもしれません。
より、オリジナリティのあるデザインがうまれやすいかもしれませんね。(^^)
嗅覚をデザインするというのは、現在の匂いをデザインしない限りは、
記憶をデザインするということになりそうです。

自然の匂いからデザイン

山や川、海、空といった自然にある匂いをイメージすると、
そこにはクリアーなわかりやすい匂いだけではなく、味で言うと雑味というか、
土や岩の鉄っぽさや海水のくぐもった苦味のあるしょっぱさなども一緒に思い浮かびます。
それらは色にしてみるとクリアーな明度や彩度の高い色だけでなく、その逆もまた存在します。
線で表すと細さもありながら、太さもある、均一ではないけれどバランスのとれたものを感じます。

身近な匂いからデザイン

友達の家と自分の家の匂いって違いますよね。その家庭、それぞれの匂いがあります。
それらは嗅覚で感じていながらも湿度を感じる気がします。
乾いているのか、湿っているのか。それらには明るさや暗さを感じる匂いが入り交ざっています。
その家族の過ごした、経過時間というのか、埃っぽさというのか、
ベールのかかった色に近いものを感じます。
色で表現するならグレイッシュなトーンの色味。
また、線で表すなら、太いクレヨンで描くような凸凹が一緒についてくるような線ですね。

香水からデザイン

私は香水売り場が大好きなのですが、
それはイメージを広げ、また新鮮な驚きがあるからかもしれません。
香りは色にたとえやすいかもしれません。
色の持つ印象やイメージと重なりやすいですし、また植物の精油を使っていますから、
その植物の花の色が頭に浮かぶからです。
鼻をくすぐる感覚から、丸い、とがってる、軽い、そういった感覚にも結び付きますね。
それらを形に置き換えてみればまた香りを見えるものに表現できそうです。
そういえば、余談ですがちょっと前には香水瓶のプリントTシャツが女性の間で流行りましたね。 実際Tシャツからは香りはしないのに、なんだかいい匂いが感じられます。

嗅覚をデザイン ページトップへ