トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
45678910
11
121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

展示会はTシャツでアピール

展示会のスタッフTシャツで訴求!

折角の費用をかけて行う展示会ならば、ぜひとも新規のお客様を開拓し、
販路を広げたいですよね。
そんな目的もはっきりしているのに、結果がついてこず、その手段に手を焼いている展示会担当者の方も
けっこう多いのではないでしょうか?
たとえば…展示会終了後、来場者を分析するとターゲットとは違う方が多かったとか…。

こういったとき、さまざまな視点で何が必要か、そして何が不要か検討することは大切ですが、
まずは来場者が一目でどういう商品・サービスかわかるような訴求の仕方が大切だと思いませんか?
来場者への第一印象と展示会場の雰囲気づくりを見直すところからはじめてみましょう。

第一印象の3秒を大切に

第一印象は3〜5秒で決まるとよく言われていますが、展示会も同じです。
来場者も忙しい時間を割いて、希望とする取引先、サービスを探しに来ているのですから、
できるだけ限られた時間の中でスピーディーに目的とする展示会を見つけ、
効率的に回る必要があるのです。

ですから、来場者への第一印象に残るかというのはとても大切です。
インパクトを残し、一目で訴求できるよう工夫しましょう。
何の展示なのか、入りやすそうか、聞きやすそうか、そういうのが一瞬で伝わらなければ
来場者の足も躊躇してしまいます。
人は不安要素のあるところは後回しにしがちです。

目にする情報でアピール

出展したものの、スタッフが簡素なブースで黙って立ち、来場者が入って来るのを待っている姿勢では
立ち寄りにくい雰囲気を醸しだしてしまいます。

まずは展示会のスタッフにオリジナルTシャツを着てもらって 存在感をアピールしてはいかがでしょう?
そのオリジナルTシャツに何がウリなのか、一目でわかるようなイラストや写真、
キャッチフレーズをプリントしましょう。
できれば商品やサービスのイメージに合う色のTシャツやプリントカラーを選択すれば、
より一目で感覚的にもわかってもらいやすいですね。
そういったお揃いのスタッフTシャツを着た スタッフが展示場内をウロウロしているだけでも
訴求効果はUPします。

お茶目な一言を

アピール効果抜群のオリジナルTシャツを着たからって安心してボーっとしてはいけませんよ!
仏頂面ではその効果も半減ですよ。
お揃いのスタッフTシャツにスタッフの フレンドリーな笑顔とあいさつがプラスされてこそ、
その効果は何倍にもなります。

もし、会話が苦手なスタッフが多ければプリント文面に
「自分、不器用ですが、誠心誠意お答えさせていただきます!」などの一文もプラスしてみましょう。
オリジナルTシャツを作るならぜひ、 ユーモアも一匙サービスすることで場が和らぎます。
来場者さんとの会話がスムーズにつながること請け合いです。

展示会はTシャツでアピール ページトップへ