トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2017 年6 月 営業日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627
28
2930
2017 年7 月 営業日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

東京下町本格プリント営業中!

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

タカハマの日常、全スタッフの日常

お客様の笑顔と作品集

Tシャツ作成が捗る大辞典

オリTグランプリ

熱海で開かれる大イベント!

オリジナルTシャツ協会

様々な活動を行っています!

親子で家族T作りませんか?

Tシャツの歴史

Tシャツをよく知ってもっと好きになろう!

普段当たり前に着ているTシャツも、 起源やTシャツの時代の流れを知ると、
Tシャツが万人にいっぱい愛されてここまで定着したのがよくわかります。
知れば知るほどもっとTシャツが好きになる。
Tシャツの歴史を知って、これからもTシャツと仲良くしていこう!

Tシャツの起源と民間への普及

Tシャツの始まりは19世紀、イギリスまたはドイツが始まりと言われています。
はじめはアンダーウェアとして誕生したそうですよ。(日本でも丸首肌着として定着したそうです。)
1939〜1945年に米国陸軍の公式肌着として採用。
フランス海軍の白色木綿下着をアメリカ兵が気に入って持ち帰り、世界規模で普及しました。
Tシャツの起源と民間への普及

ファッションとしてのTシャツに

アンダーウェアとして作られたTシャツが、ファッションとして広まっていく。
下着ではなく、アウターとして着られるようになる。
そこにはやはり若者たちの新しいものへの興味が力となっているようです。
アーティストとしてはメンバー全員がおそろいのTシャツを着用することで、
より一層メンバーとしての連帯感、アーティストチームとしての結束を強めた
ローリングストーンズも外せないところでしょう。
ファッションとしてのTシャツに

プリントTシャツの始まり

Tシャツにプリントをする。
今では当たり前のことですが、当時は肌着、運動着としてのTシャツという考え方だったため、
アウターとして定着したあと、時間がたってからの登場となります。
始まりは、米大学の体育の授業、生徒に運動着として貸し出されていたTシャツを、
使用後きちんと返却するように番号をプリントしたのが始まりと言われています。
プリントTシャツの始まり

進化し続けるプリントTシャツ

ここまでTシャツの歴史について振り返ってきましたが、現在では説明するまでもなく、
ファッションの中心にある存在にまで成長しています。
プリント方式の進化や、イラスト、メッセージ等の多様化等、
これからも進化し続けるであろうプリントTシャツ
プリントTシャツにもっと興味を持っていただけるきっかけとなりますように。
進化し続けるプリントTシャツ

Tシャツの歴史 ページトップへ