トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

本気の練習がモノになる

練習ウェアこそオリジナル

勝つために練習をするのは当たり前。
その当たり前をちゃんとこなした人こそが勝っていく。
だけど、日々続けることの大事さをわかっていてもなかなかそうちゃんとできない…弱いのが人間。
だからこそ練習を日々、続けるための工夫や努力はけっこう大切。
更に楽しい気持ち、強い気持ちで練習できるような工夫があればもっといい。

練習着の意味

毎日の大切な練習、その時間、練習で汚れるからって、着るものに手を抜いていない?
穴が開きそうなヨレヨレのTシャツや 時代遅れのデザインTシャツやジャージを着ていたら…即アウト!
想像しただけでもテンションが下がる。
着るものに気を使うということは、何も目立つためだけのことではなく、ましてや体裁を繕う
ということだけではない。
自分が着用するのに相応しい人物(になる)という意味で、自分を大切に扱うことにつながり、
また、その着用場面への敬意、会う方への礼儀、そういったものを含めて纏っているということを
言いたいのだ。

共に勝利を手にするチームメイトは大切な仲間。そして、お互い切磋琢磨しあう神聖な練習場所。
毎日同じ練習時間を過ごす仲間と、その場が毎日、自分たちの勝利を積み上げていく場だと実感する
ような、お揃いのチームウェアを着て練習することは、 いづれ自分たちが手にする勝利につながっていく。

モチベーションを上げるウェア

お揃いのチームウェアを練習で着用するなら、ぜひともチームの意気が上がるようなウェアにしたい。
チームカラーのウェアにオリジナルプリントで、ロゴやスローガン、イラストや写真など、
チームのオリジナリティをだすことで、なおのことチームが一つになるだろう。

チームにとって大切なフレーズだったり、チームのスローガンだったり、
一目でどういう目的に向かって練習しているのかわかるイラストや写真などをTシャツブルゾン
スウェットなどにプリントすればいいチームウェアになりそう。

お気に入りの色やデザインを毎日の練習時にお互い目にすると自然とテンションが上がるもの。
実は「毎日目にするもの」は、単純な感情を湧き起こすだけでなく、もっと深い効果がある。

オリジナルの練習着は脳にも効く

人間の脳は毎日目や耳にすると、「これは自分が生きるために必要なこと」と勘違いするらしい。
生命維持するために水や食事を摂取することと同様のレベルで、自分に取り入れ始めようと
脳が指令を出すようになる。
繰り返し、目に、耳にする効果を狙った大企業CMなどはそのいい例。

勝利を手にしたいなら、そんな効果を活用して毎日目にするチームウエアを工夫したもの勝ち!
オリジナルのチームウェアを作って、勝利の言葉やメッセージ、イメージデザインを
プリントしてしまおう!

しかし、重要なポイントがある。
ネガティブな言葉は絶対プリントしないこと!
例えば、「失敗しない」「負けない」というのはダメらしい。
なぜなら、脳が「失敗」や「負け」にフォーカスして、「失敗する」「負けること」が大切だと、
勘違いして逆効果となる。
この例の場合ならば、「失敗しない」ではなく「成功する」。「負けない」ではなく「勝つ」。
こんなかんじでチームが勝利へ導かれるための言葉をプリントしよう。

動作を妨げない集中ウェア

練習着に必要なのはやはり体の動きを妨げず、着用していること自体がストレスにならない素材に
こしたことはない。
ストレッチが効かず、また汗で重くなる素材だと集中も途切れがち。
汗でびっしょりになる練習着には、通気性抜群のメッシュ素材や、吸湿速乾性に優れた素材などの、
スポーツウェアが適しているだろう。
練習着1枚からでも練習に集中できる環境は作れる!

本気の練習がモノになる ページトップへ