トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5
678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

「アウター」もオリジナル

スポーツチームのオリジナル上着

チーム競技といえば…
サッカー、フットサル、バスケットボール、テニス、野球、ソフトボール、ハンドボール、ラグビー、
アメリカンフットボール、卓球、バドミントン、バレーボール、アイスホッケー、ラクロス、
陸上、スキー、水泳、スノーボード、アーチェリー、柔道、剣道、空手、ボクシング、レスリング、
カヌー、サーフィン等…
実に多種多様な競技がありますね。

チームでお揃いのオリジナルTシャツを作る人は多いよね。
チームとしての連帯感も強まるし、大会や試合で着用すればチームアピールにもなるから、
もし現在作ってなくても話題に上がったりすることはあるのでは?
もし作ってなければ「勝つ」ためにも強力な武器となるのでゼヒおすすめ。

が、実は他のチームに差をつけるためにもTシャツだけではなく、 アウターにも注目してほしい。

実は一年の半分は必要なアウター

暑くもなく寒くもない、春や秋は何をするにも適した季節だけど、スポーツの「練習」は
1年中するもの。
5月〜10月頃の半年間は温暖で、練習するときもTシャツ一枚で不自由しないと思うけど、
だんだんと秋風が冷たく感じる11月から、三寒四温の続く4月頃までは
上着…すなわちアウターが必要。

そう考えると、一年の約半分は着用するそのアウター、何を着用している?
私服の上着だったりしていない?
インナーはチームで揃えたオリジナルTシャツ、 でもその上にみんなバラバラのアウターを
羽織っていたら…それは実はすごくもったいないかも!!!

「期待」を羽織ろう

どのように見られているかで、良くも悪くも左右されたことってない?
例えば、憧れを含んだ眼差しで接されると、たとえ「今」の自分はその憧れにふさわしい人物では
なかったとしても、そのような人物に近づこうと努力してみたり。
逆に、実はすごく努力しているのに相手の勝手な憶測でダメ人間のように接されると、
諦めと悔しさから、どうせそう見られるならそうなってやる!とヤケになってみたり。

このように、良くも悪くも、人は期待を込められた扱いをされると、それにふさわしい人物に
なろうと努力し期待に応えようとするもの。
例えば、大会社の社長だって最初から人望の厚い社長たる人物ではなかったはず。
周りの扱いによって、その期待に応えようと努力し、徐々に実績や経験を積み、期待に応えるような、
社長と呼ばれるに相応しい人物になっていったはず。

つまり、どのような人物になりたいかを、自分からアピールすれば、それを目に(耳に)した人は
そういう期待を持ってアピールしている人を見るようになるのです。
また、その視線を感じた自分はそういう期待に応えようと努力するようになるのだから、
是非とも期待されるのを待つのではなく、自分からなりたい自分になれるような
「期待」をアピールしてしまおう!

「勝利のアピール」アウターを作る

さあ!もうピンときてますね!?何をおすすめしているかというと、
周りの期待があなたやチームの勝つための力になるならば、その期待を活用しようということです。

そう、それにはどんなことを期待してもらうかが大切。
また、どんな期待をしてもらいたいのか、一目瞭然、相手にすぐにわかってもらうえることも大切。
とても簡単にアピールする方法として、チームの目標や練習スローガンなどをアウターなどに
オリジナルプリントするという方法。
オリジナルというだけでも目をひくし、アウターまでオリジナルで揃えているチームはあまりないから、
その気合いも十分伝わることでしょう。
そこに、目にした人の心が動くような言葉やイラストなどのデザインがプリントされていれば
感動すら呼び起こすかもしれない。
そうすれば、期待のみならずファンになって応援してくれる人も出てくるかもしれませんね。

やる気もアウターでON

今まで、あまりに些細なことなので気にしていない方も多いと思うのだけど、
練習場までの時間、そうですね、自宅などで着替えも含めた準備からウォーミングアップまでの
移動時間は、何を考えていますか?
結構、てきとーなことだったりしませんか?例えば…練習後のデートのことだったり、
お昼何を食べたいなとか…。

その細切れ時間をトータルすると、全時間どれぐらいでしょう?
準備から計算すると、ざっと1時間以上はかかっていません?
もしその時間に「勝つために今日の練習には何をするべきか?」を考える時間に充てたら
結果が違ってくると思いませんか?

でも、ご存じ(?)のように、そうは頭で考えていても、ついついうっかりなりがち。
こういうときにオリジナルのアウターが活躍するのです!
もし、その着替えるアウターがチームで揃えたオリジナルプリントの入ったものだったら、
着替えのたび思い出すことができ、スイッチが入るわけです。
着替え始めてから練習を始めるまでの約1時間を「作戦タイム」に変え、練習を重ねた1年後と、
だらだら過ごす1時間を重ねた1年後、どちらが勝利を手にしやすいかすぐに想像がつきます。
誰も着替えの時に声掛けしてくれませんから、アウターに言わせましょう。

そんなわけで、どうせ着るアウターなら、周りの期待も呼び込み、自分のスイッチも入る
オリジナルのアウター着用をお勧めします♪

「アウター」もオリジナル ページトップへ