トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4567
8
910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

こだわりのあるオリジナル作業着を安く作るコツ

作業着は主に製作現場で使用されるユニフォーム です。 上着とズボンがつながっているツナギタイプ、上着とズボンが別のセパレートタイプがあります。 作業によって着るものは変わってきますが、もともとは作業の効率性と安全性を考えた衣服なのです。 欠点は、丈夫なのでやや乾きにくい、ごわごわしているなどの点です。 また、作業の形態によっては通気性が悪い布地を使わざるを得ないものもあり、 油などがしみこんでも目立たないような色になっていることが多いです。 こういった作業着でオリジナルのものを作る場合、コストの面が問題になってきます。

オリジナル作業着を安く作るには

人数の多い工場などなら、オリジナル作業着もたくさん受注するので安くなる可能性もあります。 やはり、安くするコツはたくさん注文することです。 多く注文することで割引の度合いが違ってくるお店もあるので、依頼すれば依頼するほど割引をしてくれる お店に頼むと安価で仕上げることができます。 しかし、いくら安い、オリジナル作業着を作っても、 安全性が無ければいけません。また、動きやすさも重要なポイントです。 色や柄、プリントやロゴの刺繍などにこだわる場合は、気に入った作業着の色・柄・形の 在庫がきちんとあり、サイズも揃っていて、 フォントなどがなるべく多めに揃っているところを選ぶと良いでしょう。 あまりオリジナリティを追い求めすぎて、在庫に無いものを無理に頼んだり、無い色を頼んでインクなどを 最初から作らないといけないような事態になってしまうと、逆にコストがかかってしまうので気をつけましょう。

こだわりのあるオリジナル作業着を安く作るコツ ページトップへ