トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
12
3
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

Tシャツの生地、綿派?ドライ派?

オリジナルTシャツを作ろうという時に、迷ってしまうのが材質です。 大きく分けてTシャツの生地には綿とドライの2種類があります。 綿はすぐにわかると思いますが、ドライとはポリエステル製のもののことです。 単純にそれぞれが100%と言う訳ではなく、それぞれを組み合わせて例えば綿40%、 ポリエステル60%といった構造になることもあります。

綿のいいところ

それぞれのオリジナルTシャツの生地の材質にはどのような違いがあるのでしょうか? 綿のいいところはなんといっても着心地です。 そして洗濯しやすいので何度も洗濯して繰り返し使うことができます。 他にも保温性、耐久性に優れたしっかりとした生地になるという特徴もあります。

ポリエステルのいいところ

ポリエステルの利点は安価で強い生地になるということです。 ポリエステルを多く含んでいたほうが全体の値段が安くなりますし、何度もいろいろな方向に折り曲げる 衣服の材料として強度が高いことは大きな利点になります。 強い生地であるという点を生かして生地を薄くすることも出来ます。

用途で決めればOK!

では、自身が求めるオリジナルTシャツを作るのにはどちらの生地を選んだらいいのでしょうか? スポーツウェア や飲食店のユニフォームなど、 たくさん動いて汗をかく場合には、サラサラして通気性のあるポリエステルを主体にした生地を、 イベントなど室内であまり汗をかく機会の無いシチュエーションで使われるものには、 着心地がよくしっかりとしている綿を主体にした生地にするという方法があります。 それぞれの利点をよく理解してしっかりとしたオリジナルTシャツを作りましょう。

Tシャツの生地、綿派?ドライ派? ページトップへ