トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
4
5
678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

部活で着るTシャツに適した素材とは?

文化祭や運動会の時期になるとクラスTシャツ を作る話が出ることが多くなります。 仲間と気持ちを一つにして楽しい思い出を作るのに一役買うのがクラスTシャツなのです。 ですから、着る回数は期間中に限られることが多いですし、どちらかと言うと素材よりデザイン重視になります。 仲間で撮った写真の中に良い思いでを演出してくるれればその役割を果たしたと言っても過言ではないでしょう。

求められるのは機能性

一方、部活で着るTシャツ にはクラスTシャツのような一致団結の要素もありますが、機能性が要求されます。 素材と縫製が重要になるのです。多くの部活は汗をかくことが前提です。 しかも、毎日のように練習や試合があるものなので洗濯がしやすく乾くのが早い事が求められます。 吸汗速乾の生地で汗を吸ってすぐに蒸発させるような ドライ機能のあるものが好まれます。 部活は長時間行うことが前提ですから素材は必ずしも綿でなくてもよく、 汗でべたついたままよりは化学繊維でも汗を効率よく発散するもが好ましいのです。 体温の変化をコントロールし運動でのパフォーマンスを向上させるような機能性がある素材が 部活Tシャツには向いています。 また、動きの激しい場合も考えられますから縫製もしっかりした物が良いでしょう。 素材の良さを考えれば当然縫製もそれに見合った仕上がりが期待できますから、 妥協しないで部活のメンバーと話し合ってよいものを選んで、活躍してほしい。 オリジナルTシャツが少しでも役に立てばよいと思います。

部活で着るTシャツに適した素材とは? ページトップへ