トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

ハードな仕事にポロシャツ

汗を素早く吸収し乾かすポロシャツ

ハードな仕事にはTシャツよりもしっかりめにできている ポロシャツが向いています。
襟元がある方が首の汗もしっかり吸収してくれるし、Tシャツより丈夫で長持ち。
また、見た目も襟付きなのでTシャツよりもしっかりとした雰囲気に見えますね。
ハードな仕事には、頑固な汚れがつきもの。洗濯する回数も多くなりがちです。
ポロシャツはハードなお仕事をされている方の大きな味方です。

走り回り汗をかく仕事に最適

日に何度も階段の上り下りなど、ハードに動く引越し屋さんや走り回る宅配サービスの仕事。
他の仕事に比べて、通常の何倍も汗をかきます。
汗をかいてそのままだとベタベタしたり、かゆくなったり。それに体も冷えてしまいます。
でも、汗をたくさんかいてもよりよく吸収してくれてすぐに乾く、優秀な素材、
吸汗速乾ポロシャツがあるんです。
ユニフォームは毎日着用して毎日洗濯を繰り返す事が多いアイテムです。
ですから、「頑丈さ」・「高い洗濯耐久性」を備えた素材のものにしましょう。

引越し屋さんや宅配業者の仕事はお客様と直接対応なので、イメージも大事にした方がいいですね。
Tシャツより清潔感や信頼感も演出できる上、 丈夫なので、ポロシャツはもってこいです。
爽やかなイメージの青や緑をベースカラーにして オリジナルユニフォームを作る企業が多いですが、
敢えて“赤“や“オレンジ“で情熱ややる気を現すのもいいのでは?
赤…とは言ったものの、イメージ的に暑すぎるから”朱色“(オレンジに近い赤)くらいが
いいかもしれませんね。(笑)

介護・ヘルスケアでも人気のポロシャツ

介護サービス、ヘルスケアサービスの現場で、ヘルパーさんや職員の方が愛用されているユニフォーム、
また着用するのもほとんどがポロシャツです。
清掃や入浴介助など介護の現場には水仕事がつきものです。
ポリエステルが生地の多くを占めるポロシャツは、綿と比べて渇きが早いので、汗をかいても、
水に濡れても、表も裏もサラサラ感をキープできます。
肌に触る裏側に汗をかいてぬれても快適でいられる、それがこのポロシャツの強みです。
ポロシャツには襟が付いていて、清潔感や信頼感もあります。
介護をお願いするご家族の方々からもイメージよく、信頼関係も築きやすいことが、
ユニフォームとしてポロシャツを選ばれる1つの理由となっているのでしょう。

工場もポロシャツで作業効率をUP

企業のイメージとして、Tシャツではラフすぎる。
でもシャツでは動きにくくて、作業効率が下がりそう。
そういう時に選択肢の1つに入れてほしいのが、ポロシャツです。
動き易く、また信頼感も漂うポロシャツで作業効率をUPしましょう。
現場の人たちのニーズに合うユニフォームで作業することは、安全面の向上だけではなく、
作業効率のUPや疲労軽減にも役立つのです。
工場の作業員のユニフォームとしてポロシャツが人気なのも、そこが大きな理由です。

ポロシャツといっても、素っ気ない無地のユニフォームではもったいないですね。
一工夫するだけで、作業員の気持ちも上がり、作業効率も上がる方法があります。
カラフルな色を味方にしましょう。
顔色をよく見せる色、または作っている製品イメージを意識した色などから
ポロシャツを選び、そこに、オリジナルのプリントを入れることで、更に気持ちが高まりますよ。
是非オリジナルユニフォームをポロシャツで作ってみてください。
無地の素っ気ないポロシャツと、カラフルなオリジナルのユニフォーム、どちらがウキウキしますか?
もちろん吸汗速乾性のTシャツもあります。
ポロシャツよりも安く仕上げることができるため、こちらも人気です。

企業イメージアップとしてクールビズにも

クールビズが2005年から実施され始め、だいぶ世の中に定着してきましたね。
東京電力・福島第一原子力発電所での事故等による電力不足も影響して、
今や節電は国民の義務と感じるほど。
年々猛暑が厳しくなり、厳しい環境の中、クールビズに参加している企業は
イメージアップにも繋がります。
夏なのにクーラーで冷え性と戦う女性たちにとっても、
クーラーの温度を上げるためのクールビズは歓迎されるのではないのでしょうか。
節電・イメージUP・体に優しいとくれば、すでに参加していない企業が見当たらないかもしれません。

節電を意識したクールビズに対応するユニフォームとしても、ポロシャツは注目を集めています。
企業のイメージアップとして、ポロシャツは年々加速する新しいビジネススタイルのユニフォームと
認知され始めています。
ぜひとも、企業のロゴをプリントしたオリジナルポロシャツを作成して、
クールで快適な夏をお過ごしください。

ハードな仕事にポロシャツ ページトップへ