最短3日!オリジナルTシャツの制作は格安!特急!東京都葛飾区【タカハマライフアート】

«ブログTOP

2011年8月アーカイブ

maked_110817.jpg
町会の納涼盆踊り大会で、毎年大盛況の焼きそば等の屋台を担当する鉄板部。

今年は お揃いのTシャツを着て士気を高めて頑張ろうと「鉄板魂」の文字を背中に背負って

二日間の盆踊り大会を乗り切りました。夕闇に提灯と黄色の鉄板Tシャツが美しかった(マジで)。

チームワークの良さもあってか、町内会のおじちゃんに「あんたたち、TPN48かい?」と聞かれ

「TPNってなんですか?」と聞き返すと「鉄板だよぉ」とドヤ顔(苦笑)。

来年の盆踊り大会まで、鉄板Tシャツは大切にしまっておきます。

どうもありがとうございました。


==== スタッフ コメント====

この度はご利用頂きまして、ありがとうございました。
盆踊り大会での焼きそば、とてもおいしそうですね・・・(^q^)
この焼けるような暑さの中、じりじり熱い鉄板に向かう皆さんの姿はきっと、とても勇ましいものだったのではと感じます。

そしてTPN48とは・・・、町内会のおじさんは流行語大賞ゲットですね!
次回は某アイドル風に、なんて如何でしょうか?笑

また機会がございましたら、宜しくお願い致します。
maked110802_01.jpg
maked110802_04.jpg
maked110802_03.jpg
maked110802_02.jpg
お世話になります。

 お礼が遅くなりまして申し訳ございませんでした。

 お陰様で宮城県気仙沼市の○○小学校で行われましたイベントを無事に終えることができました。

 子供たちはじめ、保護者ご父兄も参加されるなどアロマを使ったイベントに
笑顔が多く見られ「心のケア」への手応えを感じました。

 ただ、当然ながら高齢者の参加は少なく懸念される部分でもあります。

 今月初旬、被災地各地を視察した時と比べて、現地の瓦礫撤去は飛躍的に進んでおり、今後の課題は雇用創出と地域医療の再建であり、物資支援の在り方が変わる時期に来ていることを実感致します。

 但し視察及び、現地の方とお話をした中で仮設住宅建設地が遠隔で戸数の少ない場所にお住まいの方々、特に高齢者は外出もままならず、支援がいき届いてないのが現状です。

 マスコミもイベントや人数の多い仮設住宅の取材が多いようですが、現地に行かないと見えてこない部分が沢山あります。

 夏が終わり、秋から冬へと季節が移り行く時期は、心理面でも「心のケア」が重要になってくる時期になると考えます。

 当協会と致しましたは大したことは出来ませんが、小さくとも何らかの形で支援の継続を行って参りたく考えますので今後とも宜しくお願い申し上げます。

 また、この度のご支援ご協力に心から深く感謝申し上げます。



==== スタッフ コメント====
お世話になっております。
宮城県でのイベント、お疲れ様でした。

被災地の方の笑顔が何より嬉しいですね・・・!(o´∀`o)
高齢者の方にも安心して住んでいただける暖かい環境や、
人とひととの繋がりもどんどん増えるような支援体制を整えていけたらいいですね(´・ω・)

私たちも引き続き節電やできることを協力して行って参ります!

この度はご利用頂きましてありがとうございました。
また機会がございましたら、宜しくお願いいたします。

このアーカイブについて

このページには、2011年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年7月です。

次のアーカイブは2011年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。