オリジナルTシャツのプリント作成、最短即日発送!

まだ捨てないで!Tシャツお直し方法5選

ミシン本記事では使えなくなったと思ってしまいがちなTシャツを再度使えるようにする5つの手段をご紹介したいと思います。

お気に入りのデザインのTシャツでもご安心ください、本記事を是非ご活用ください。

穴が空いてしまった場合

ラフな雰囲気を楽しむ事ができるのがTシャツの良い所ですが、穴が空いてしまうと見た目に悪影響を及ぼしてしまうのですぐに対処する必要があります。

最も自然に直す事ができる方法として挙げられるのが穴が空いている部分を同じ色の糸を用いて縫うという事です。

穴が空いた服

同色の糸を使用して対象となる部分に針を往復させるだけでもすっかり見えなくさせる事ができます。

より一層強度を高くして本格的に対処したい場合は、縫い始める前に他の糸で放射状にして土台を作っておくと良いでしょう。

土台を作っておく事によりTシャツの生地を伸ばした時に、塗った箇所の隙間から肌が見えてしまうという心配が無くなります。

いきなり縫い始める場合と比較すると問題が生じている箇所の周囲に与える負担も小さなものにさせられます。

刺繍のデザイン

また、そのまま単に塞ぐのではなく直しつつ新たな楽しみも得たいという場合にはあえて他の色の糸使ったり、ワッペンを使って刺繍を施すようにしながら直すのもお洒落で素敵な方法です。

黄ばんでしまった場合

黄ばんだ襟

白色なTシャツなどは特に長い期間にわたって着用していると脇の部分に黄ばみが生じてしまいます。

制汗剤を使用する方の場合は新品でもたった1度袖を通しただけで黄色く変色する場合があるので注意です。

そのようなTシャツに付着し染み込んだ汗や皮脂を取り除き、本来の白さに戻すためには酵素系の漂白剤を使用すると良いです。

酵素系の漂白剤を使用するべき理由は2つあります。

  1. 根本的に汚れが綺麗になる
  2. インクを落としてしまうといった問題を発生させないため

漂白剤

漂白剤は洗濯機などに投入するのではなく、まずは黄色くなってしまっている箇所に対して染み込ませるようにして使いましょう。

染み込ませた後は軽く揉み込んで、その後洗濯機に投入して通常通り洗い上げるとそれまで発生していた頑固な汚れがすっかり綺麗になっています。

尚一層酷い状態の汚れには漂白剤をかけた後、40度のお湯を入れた洗面器に入れて1時間ほど置いてから洗濯をしましょう。

シミが付いた場合

ジュースをこぼした人

十分に気をつけていたとしても着用しているTシャツにコーヒーやカレー、お醤油といった濃い色の物が飛び跳ねてしまいシミを作ってしまう事があります。

大変濃度が濃い物質なので黄ばみが除去できる方法でさえ綺麗にさせられない場合も多いのですが、実はプロのクリーニング店に依頼しなくても自宅で綺麗にさせられる方法が存在します。

汚い服

それはどのような家庭にも存在しているマグカップと歯ブラシ、お湯を使用するという方法であり実際にプロのクリーニング点でも用いる道具には違いがありますが、同様の仕組みを用いてシミ抜きをしているほどです。

まず、用意したマグカップにお湯を注ぎ入れてその上にシミが発生している部分を被せ、蒸気を十分にTシャツに浸透させられるようにしましょう。

蒸気を浸透させる事ができたら同じく予め用意した歯ブラシでシミを擦っていきます

ポイントは適量の漂白剤を予めふりかけておくことです。仕上がりに差異が生まれるので、漂白剤をシミに対しふりかけるのを忘れないようにしましょう。

首が伸びてしまった場合

Tシャツの首元

Tシャツの首元というのは、大切に扱っていてもすぐに伸びてしまい着られない状態になってしまいます。

一度伸びてしまうと新しい商品を購入して入れ替えるしかないと考えられる事も多いのですが、簡単な作業を行うだけで一度伸びてしまった首元を新品同様に生まれ変わらせる事ができます。

方法を行うために使用するのは高い温度に設定したスチームアイロンであり、予めアイロンにある温度設定を最も高い状態にしてスチームが発生するように状態を整えておきます。

スチームアイロン

接地面の温度が十分に高まり、スチームも発生している様子が見られたら伸びてしまっている首周りの部分を指で軽く持ち縦の方向に向かって伸ばしていきましょう。

発生しているスチームは十分にかけながらアイロンを使用していくのがポイントですが、接地面を力強く生地に対して押し付けるといった動作は不要です。

スチームアイロンを使用する方法なので、一切金銭的な負担はかけずに気になった時に気軽に何度も行えるケアです。

サイズが縮んでしまった場合

丈が短い服

乾燥機を使用していなくても通常通り洗濯をしているだけで、生地の目が詰まり購入時よりも著しく縮んでしまい着られなくなってしまう事があります。

自宅で用意できる簡単な道具を使用するだけで容易に縮んでしまったTシャツを元のサイズに戻す事ができます。

風呂桶

用意するのはTシャツを浸け置きする事ができる大きさの桶であり、桶の中にはおよそ38度のぬるま湯を入れておきましょう。

さらにぬるま湯の中には入浴時の頭を洗った後に使用するコンディショナーも投入し、コンディショナーが溶け込んでいる液剤の中に縮んだTシャツを30分から1時間程度入れておきます。

コンディショナー

30分から1時間程度の時間が経過した後は普段の洗濯の時よりもよくすすぎ洗いをするように心がけ、およそ1分間脱水をかければ完了です。

ただし、コンディショナーの成分により型崩れが発生しやすくなっているので、干す時には型崩れが起こらないようにして干すのが重要であり尚且つ陰干しをするようにしましょう。

その他Tシャツお直し方法まとめ

Youtubeに沢山Tシャツのお直し方法があったのでご紹介します。

Tシャツのよれよれになった襟を簡単にもとに戻す方法です。方法は熱湯をかけるだけです。

上の動画は洋服に付いたコーヒーのシミを取る方法です。

  1. ガーゼを巻いた割り箸を用意
  2. 割り箸を水と中性洗剤(食器用洗剤)を混ぜた特性液につけておく
  3. いらないハンカチなどをTシャツのシミ部分の下に置く
  4. 特性洗剤に付けた割り箸でぽんぽんと叩く
  5. それでもだめな場合は漂白剤を使う

魔法の水と呼ばれるものを作成して衣類の黄ばみを落とすやり方です。

魔法の水のレシピは以下のとおりです。

  • 重曹小さじ一杯
  • 液体漂白剤を小さじ3杯
  • 食器用中性洗剤を3滴

あとは黄ばみやシミの付いた部分にタオルなどを置いて魔法水の付いた歯ブラシで叩くだけできれいに落ちます。

まとめ

穴が空いてしまった場合➔穴が空いている部分を同じ色の糸を用いて縫う

黄ばんでしまった場合➔酵素系の漂白剤を使用する

シミが付いた場合➔蒸気を当て歯ブラシでこする

首が伸びてしまった場合➔高温のスチームアイロンで伸ばす

サイズが縮んでしまった場合➔コンディショナーが入ったお湯に付けて陰干し

いかがでしたでしょうか?使えなくなったTシャツを綺麗に再度着用できるようにする方法5つをご紹介しました。

まだ捨てないように今回ご紹介した方法を使ってお気に入りのTシャツをいつまでも着れるようにメンテナンスしてあげてください。