オリジナルTシャツのプリント作成、最短即日発送!

Tシャツの歴史を知って、もっと好きになろう!

Tシャツ

普段当たり前に着ているTシャツも、 起源やTシャツの時代の流れを知ると、Tシャツが万人にいっぱい愛されてここまで定着したのがよくわかります。

知れば知るほどもっとTシャツが好きになる。Tシャツの歴史を知って、これからもTシャツと仲良くしていこう!

Tシャツの起源と民間への普及

Tシャツの始まりは19世紀、イギリスまたはドイツが始まりと言われています。

はじめはアンダーウェアとして誕生したそうですよ。(日本でも丸首肌着として定着したそうです。)

1939~1945年に米国陸軍の公式肌着として採用。

フランス海軍の白色木綿下着をアメリカ兵が気に入って持ち帰り、世界規模で普及しました。

アメリカ兵によって広まるTシャツ

アメリカ兵

第一次世界大戦中、アメリカ軍兵士がヨーロッパ軍兵士(フランス海軍)が着ていた、綿素材のアンダーウエアを真似て作ったというのがTシャツが広まる、始まりだと言われています。

1939~1945年に米国陸軍の公式肌着として採用。

それまで、アメリカ軍兵士は重くて厚いウール素材の制服を着ていましたが、ヨーロッパ兵士達の着る綿素材のアンダーウェアを真似して作ってみたところ、ウールとは比較にならない快適さに驚いたそうです。

そこで、兵士達はこれを制服にしてくれるよう軍に頼み、第二次世界大戦では米軍の一般的な肌着として普及しました。

Tシャツは戦争中では、タオル、 防塵防煙マスク、帽子、白旗と、多くの目的を果たすことから万能シャツとして着用されました。

それまで白が定番だったものの、軍使用のためカーキ色も用いられました。

民間への普及…下着からトップスに

第二次世界大戦後、Tシャツは民間にも普及していきます。

戦後、復員学生を中心に、Tシャツ一枚で着ることが流行りTシャツがトップスとして定着

軍隊の象徴として見られていたTシャツは、戦後は帰ってきた若い兵隊たちが日常でもTシャツを着こなしたことによって一般的にも広くTシャツが普及し、さらには国家の要人まで広がりました。

当時のアメリカ社会の「社会の階層」の差を問わず、アメリカの開放を示す、「民主主義のシンボル」としてTシャツは定着していきました。

もともとは第一次・第二次世界大戦中に海軍が使用したことで広まったTシャツですが、戦争が終わって世界各地にて広まると有名な俳優や作家、アーティストといった著名人らがこぞって着用するようになりました。

特に映画のワンシーンで使われているTシャツの着こなしは多くのファンを虜にし、その影響もあってTシャツは飛ぶように売れたそうです。

1951年の映画『欲望という名の電車』ではマーロン・ブランドがTシャツをトップスとして着こなし、破れたTシャツ姿で裸の胸をさらけ出すファッションで登場しました。

1955年の『理由泣なき反抗』では、ジェームス・ディーンも真っ白のTシャツをカッコよく着こなしています。

このような映画の影響もあり広く定着しました。

Tシャツという名前の由来

実はなぜTシャツと言われているのか本当の由来は明らかになっていないそうです。

有力な説として、Tシャツの語源は二通りあると言われています。

  1. 広げたときに見たとおりアルファベットの〈T〉型であることから名づけられた。
  2. 陸軍が “ Training Shirt ”(トレーニングシャツ)として使っていたことから名づけられた。

こちらの二通りです。今でも明確ではないためどちらが本当なのかは定かではありません。

ファッションとしてのTシャツに

アンダーウェアとして作られたTシャツが、ファッションとして広まっていく。

下着ではなく、トップスとして着用されるようになる。そこにはやはり若者たちの新しいものへの興味が力となっているようです。

アーティストとしてはメンバー全員がおそろいのTシャツを着用することで、より一層メンバーとしての連帯感、アーティストチームとしての結束を強めたローリングストーンズも外せないところでしょう。

1950年代のTシャツ文化

1950年代になると、「革ジャンの下にTシャツ」 というスタイルが不良少年の間でブームとなります。

また、映画の中でマーロン・ブランド、ジェームス・ディーン等がTシャツを着ていたことから、ファッションアイテムとして、一気にメジャーな存在となっていきます。

その後もすっかり定着したTシャツは、コストの安さ、手軽さ等も助け、選挙活動などの広告として用いられるようになっていきます。

1960-70年代のTシャツ文化


1970年代には、人気バンドがツアーのアイテムとして、バンド名やメッセージをプリントしたTシャツを用い、音楽とTシャツの密接な関係を作ったといわれています。

アーティストとしてはメンバー全員がおそろいのTシャツを着用することで、より一層メンバーとしての連帯感、アーティストチームとしての結束を強めたローリングストーンズも外せないところでしょう。

1960年代後半から1970年代前半にかけて、ヒッピー・ムーブメントを作り出した若者たちによる「ラブ&ピース」運動。

そして、後年に起こったパンクカルチャーは、若者達が自由をもとめる思想、メッセージを伝えるールとしてTシャツの普及を広め、それまでメンズファッションとして捉えられていたTシャツを、女性達も着るようになっていきました。

日本でTシャツが普及したのも1970年代です。

1980年代のTシャツ文化


1980年代には、ラップ人気によって大きいサイズのTシャツを着ることが流行し、アディダス等のスポーツブランドのビッグサイズTシャツがブレイク!

また、この頃ブランドのロゴ入りTシャツなども誕生し、ファッションアイテムとして不動の地位を築き上げます。

1980年代に入ると、ファッションブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」が、音楽や思想を背景にしたパンクファッションを確立。

また、ロックアーティストたちも、Tシャツを自らのスタイルとして着こなしていくようになります。

Tシャツが若者文化と結びついていく一方で、スポーツウェア としての、機能性を重視したTシャツもこの頃広まりを見せていくようになります。

1990年代のTシャツ文化

1990年代、Tシャツは時代の流れとともに、よりいっそう多様性を見せていきます。

主にカジュアル衣料として着られていたTシャツですが、ジョルジオ・アルマーニらによって、スーツにTシャツを合わせるスタイルが発表されると「ミニマル・ファッション」が誕生しました。

また、環境問題・リサイクルに関心が高まり、オーガニック綿を使用したTTシャツが登場しました。

プリントTシャツの始まり

米大学から生まれたプリントTシャツ

当時は肌着、運動着としてのTシャツという考え方だったため、トップスとして定着したあと、時間がたってからの登場となります。

始まりは、米大学の体育の授業時に生徒に運動着として貸し出されていたTシャツを、使用後きちんと返却するように番号をプリントしたのが始まりと言われています。

1934年には、プリントTシャツが学生の間で人気となり、校章、学校名の入ったプリントTシャツが大学の購買部などで販売されるようになりました。

メッセージを伝える道具として

いつの頃か革ジャンの下にTシャツを着てバイクをとばすという風潮になり、Tシャツの胸や背にグループ名などを書きなぐったのが、今日のTシャツへの文字やイラスト入れの始まりだと考えられます。

それ以降、大統領選のキャンペーンTシャツとして、ヒッピー族のジーンズの上着として、またバドワイザー社の商標入りTシャツとして若者たちに愛されてきたようです。

1939年には、映画の宣伝のためのプリントTシャツが作られました。

特に1970-80年代のアーティストは戦争の根絶、反対をメッセージとしてTシャツにプリントしていたので、そこから反政府活動、自然保護運動といった活動の意志を表す道具としてTシャツは広く使われるようになりました。

加工技術の発達

1960年代になると、染料やシルクスクリーン印刷、転写の技術を使ってTシャツにデザインが施されるようになり、プリントTシャツやロゴTシャツが流行しました。

タンクトップやVネックなど、シャツの形状にバリエーションが生まれたのもこの頃です。

この頃にはファッション業界にとって、Tシャツはベーシックアイテムとして定着しており、有名ブランドからも次々と発表されるようになりました。

クリスチャン・ディオール、ニナ・リッチ、ジャック・エイムなどを始めとする様々なデザイナーズブランドがオリジナルTシャツを発表しました。

進化し続けるプリントTシャツ

ここまでTシャツの歴史について振り返ってきましたが、現在では説明するまでもなく、ファッションの中心にある存在にまで成長しています。

プリント方式の進化や、イラスト、メッセージ等の多様化等、これからも進化し続けるであろうプリントTシャツ。

プリントTシャツにもっと興味を持っていただけるきっかけとなりますように。

メッセージを伝えるための不動のもの

ファッションに留まらず、メッセージを伝えるための道具として広まってきたプリントTシャツ。

今後、そのニーズは増える一方であると思われます。

自由に意見を言え、自由に表現できる現代だからこそ、自分の思いのままに表現できるオリジナルプリントは時代に合っているのです。

若者が戦争反対を訴えた反政府活動、自然保護運動といった活動の意志を表す道具としてTシャツは広く使われていたのと同様、今後もメッセージを伝える一つの手段として大いに利用されていくでしょう。

プリントTシャツのアピール力を生かす


アピール力もあるので、自分たちの存在アピールとして若者たちはいろいろなシーンでオリジナルのTシャツを作ってこれからも着ていくことと思います。

スポーツチームウェアとして、 バンドのメンバー衣装として、 ダンスチームウェアとして…自分たちの存在意義をアピールする道具として、大いにプリントTシャツを活用してください。

アピール力は今後もキャンペーンや販促にも多く必要とされるものです。

昔に大統領選のキャンペーンTシャツとして使われたのと同様、今後も様々な場面でプリントTシャツは活躍していくことでしょう。

自分のアピールしたいものを自由にプリントできる。

自分の会社名が入ったTシャツなんてどこを探しても売っているものではありませんよね。オリジナルプリントって本当に便利なものですね。

シンプルなものほど奥が深い

考えるとTシャツって本当に奥が深いものです。吸水性も抜群ですし、伸縮性も抜群なのでカジュアルウェアのみならず スポーツでも使う事ができます。

本当にTシャツは抜群な素材だと思います。これから100年、200年先と市民の定番アイテムとして生き続けることになるんでしょうね。

その頃になるとどんなデザインが流行しているのかちょっと気になります。

Tシャツの歴史を調べて、シンプルなものほど奥が深いという事を思い知らされました。

そして、シンプルなものほどそれを基に、あらゆる方向に進化し続けるということもわかりました。

Tシャツにオリジナルプリント。さらに進化したらどのようになるのでしょうか。

プリントTシャツの使われ方ももっと増えていくのでしょうか。

プリント技法も日々進化しています。今後もプリントTシャツから目が離せません。