オリジナルTシャツのプリント作成、最短即日発送!

オリジナルTシャツが販売できるサイト13選!【出店費無料】

自分でデザインしたものを売ってみたいと、一度は思ったことがありませんか?

しかし販売するまで、デザインして、オーダーして、在庫を持って、販売する場所も見つけて・・・想像してみたら、手間がかかりそうですよね。

インターネットが発達した昨今、デザインしたオリジナルTシャツを家から一歩もでず、気軽にネットから販売できるサービスがあります。

それも、全て無料の上に在庫を持つことも無い方法があるのです。売って、報酬をもらう。たったそれだけです。誰にでもできます!あなたも、オリジナルTシャツの販売を簡単に初めてみませんか?

UT-me(ユニクロ)

株式会社ユニクロが提供するサービス。ユニクロの商品に自分のデザインを印刷できるというワクワクするサービス。

デザインするのもスマホですぐできて、そのデザインを販売することが可能なアプリです。

メリット

・操作がわかりやすい

・ユニクロという国民的なブランド

デメリット

・商品の値段を自分で決められない

・報酬が少ない(購入1点につき300円の報酬があるが、振込手続きに200円かかるなど)

BASE(ベイス)無料ネットショップサービス

ネットショップを最短3分で開業できる有名なサービス。

現在は45万店舗以上の出店者がいます。これ以上無料で簡単にネットショップを開けるサイトはない、と高く評価されています。

メリット

・作り方、運営方法がわかりやすい

・自分で価格を設定できる

・自分のネットショップを作れる

・Tシャツ以外にも様々なグッズを作れる

商品登録数は無制限

・無料で独自ドメインを作れる

デメリット

・HTMLタグは無料だと使用できない

・スマホアプリからしか検索できない

T-SHIRTS TRINITY(Tシャツトリニティ)

株式会社グラフィック・オン・デマンドが運営しているサービス。Tシャツだけで100万点を超えるアイテムが販売されています。

メリット

個性的なデザイナーが販売している

デメリット

・グッズの種類が少ない

SUZURI(スズリ)

「カラーミーショップ」や「minne」を運営するGMOペパポが提供するサイトです。

必要な画像をアップして、あとは売りたいグッズを洗濯してポチッとするだけ。簡単楽チンにオリジナルグッズが作れて販売できます。

メリット

・サイトがおしゃれで使いやすい

Tシャツ以外にも豊富な品揃い(他サイトでは滅多にないノートやハンカチにもプリント可能)

デメリット

・販売の最低価格が設定されているので、それ以上にしか価格を設定できない

ClubT(クラブT)

株式会社ClubTが運営しているサービス。

登録デザイナーに夜ユニークなオリジナルデザインアイテムからコラボデザイングッズまで、多種多様なアイテムを販売しているサイトです。デザイン画像をアップロードして、自分のグッズを作って、売ることが可能です。

メリット

自分のショップを開設できる

商品を紹介すると報酬を得れるアフィリエイト実行

・カテゴリーやジャンルが細かく別れているのでテイスト別に検索できる

デメリット

・操作が困難な部分がある

デザインTシャツ OhYeah!(オーイェー)

世界各国のアーティストが参加する、Tシャツに特化したサービスです。

一からデザインを作ることも可能なこのサービスは無駄な情報なしに、シンプルにオリジナルTシャツを販売できる!

メリット

全てのTシャツが44色16サイズ対応となっている

送料無料

・報酬の金額が選べる

デメリット

・Tシャツ以外グッズは少ない

Hoimi(ホイミ)

ホームページのお洒落さと参加クリエーターのレベルの高さが目立つデザインTシャツ市場です。

なぜかというと、販売できるデザインに審査を設けているのです。販売実績に応じたデザイナーズランクもあるので、デザイナーにはモチベーションにもなります。

メリット

審査を通過したデザイナーになれる

・本格的にブランドに取り組める

デザイナーランクが上がるほど報酬が増える仕組み

デメリット

・審査を通過しないとお店を持てない

・デザイン一つ一つに審査がかかる

UP-T(アップティー)

Up-T(アップティー)は独自のデザインツールにより、お絵かき気分でTシャツ・パーカー・iphoneケース等に無料でデザインして購入・販売することができるサービスです。

サイトにはわかりやすくプロセスが説明されているので、初めての方でも大丈夫!

メリット

使いやすいツール

・サービスや割引が多い

・コラボグッズも販売している

・購入者が自分のデザインをさらに上からデザインする機能と報酬がある

デメリット

・販売されているグッズの値段が高い

・最低報酬金額が3000円

SnapTee(スナップティー)

オリジナルTシャツを作るために開発された世界初のアプリ、香港で開発されている。

デザインが数クリックで完成することが可能で、デザインの知識が好きないユーザーでも使いやすいと好評なアプリ。

アプリで制作したデザインをそのまま同じサイトで売ることが可能。

メリット

・無料で作れるデザインが豊富

・スマホのため、どこにいてもすぐデザインが作れる

・操作がわかりやすい

・国際的なユーザーと顧客が存在する

デメリット

・価格が高い(Tシャツ1枚3000円+送料)

・届きまでの時間が長い(大抵2週間はかかる)

・1万円利益が出るまでお金を引き出せない

pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)

pixiv FACTORY (ピクシブファクトリー)とはpixivが連携した、ものづくりがもっと楽しくなるグッズ制作サービスです。

入稿に関する知識がなくても、画像をアップロードするだけで、簡単に高品質なグッズを作ることができます。

漫画やアニメ好きのためのグッズも豊富に揃っており、まさにマニア・クリエイター向けのサービスです。

メリット

発注数に寄って値段が下がる

・pixivの作風が好きな人は嬉しい

・選べるアイテムが47種類もある(マウスパッドや屏風など特殊なアイテムもプリント可能)

・大量発注した場合、ロット数がお得

デメリット

・こちらも最低金額が設定されている

・インターネット上で販売するにはBOOTHに登録しなくてはならないため、

・ただオリジナルグッズを作りたい人は手間がかかる。

・3592 x 1496 px 以下のデザインデータはアップロード不可

SKIYAKI GOODS(スキヤキグッズ)

株式会社SKIYAKIが運営するサービス。元は「UPSOLD」という名前で運営されていた。

「好きなデザインを、好きなカタチに」をコンセプトにしているこのサイトはアマチュアからプロまでが販売をしているサイトです。

メリット

サイトが英語に対応しているため、外国人向けにも販売が可能

・商品説明にタグ付けが可能

デメリット

・「今売れているリスト」がない

・最低価格が高い

Zazzle(ザズル)

世界最大のオリジナルグッズ作成・販売サービスzazzleはロサンゼルスにあるZazzle Inc. が2005年からスタートしたサービスです。

絶大な人気を示しているサイトで、それにまつわる圧倒的な品揃えが特徴です。

メリット

・商品を紹介すると報酬を得れるアフィリエイト実行

・国際的に販売が可能

・報酬の金額を選べる

・オリジナルグッズの幅が広い(キャンバスプリント、スマホケース、招待状、など)

デメリット

・幅が広すぎて手が付かない場合もある

・デザインをアップすると検査に24時間以内かかる

Nextmatch(ネクストマッチ)

「国内最安、最短お届け!」が目立つこのサイトは認知度が低いが最短3日のお届けを約束する便利なサービス。

オリジナルデザインのライセンス料はイラストの利用回数で課金されるなど、特徴的なメリットを持っている。iphoneケースのアイテムに力を入れている。

メリット

ライセンス料はイラストの利用回数で課金

送料無料

・ドロップシッピング可能

・安い

デメリット

・認知度が低い

・品揃いが圧倒的に少ない

まとめ

いかがでしたでしょうか?オリジナルTシャツが販売できるサイトを13サイト紹介しました。おすすめは、本格的にデザイナーになれるホイミというサービスが良いと思います。

マージンも高いので、自分のもとにちゃんとお金が入ってくるのは良いですね。もっと高品質なオリジナルTシャツを作成したい場合は、タカハマライフアートをご利用ください。

made in Tokyo、職人が一枚一枚手摺りでプリントするので、レベルの高いオリジナルTシャツを作成します。