オリジナルTシャツのプリント作成、最短即日発送!

だいじょうぶ だいじょうぶ

こんにちは。スギちゃんです!

 

わたしは、独身のころから絵本がすごく好きです。

図書館にいりびたって、子供にまみれて読んでいました笑

 

今日は、息子と本屋さんにいってそれぞれ好きな絵本を見ているときに

思いがけずほろりとしてしまったものを紹介します。

 

「ここでこのまま読むとやばいな」と思いその時は棚に戻したのですが、

どうしても気になって結局ネットで買ってしまいました。

 

 

『だいじょうぶ だいじょうぶ』という本です。

 

小さな男の子が、毎日おじいちゃんと散歩をするお話なのですが、

その中で彼の世界は広がっていきます。

 

世の中には嫌なことがたくさんあって、

男の子も事故にあったり、友達が訳もなくたたいてきたりします。

でもその度におじいちゃんは「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言ってくれます。

 

男の子はどんどん大きくなって、友達とうまくいくようになり、

あまり無理をして人に合わせなくても良いと知り、

車はめったに突っ込んでこないと分かって、

そんなに悪いことばかりじゃないなと思うようになります。

 

そして最後には、男の子が入院中のおじいちゃんに

こんどは僕の番だと思って「だいじょうぶ だいじょうぶ」と言うんです。

 

私は結構あまのじゃくな方なので、大丈夫と言われると

「大丈夫じゃないよー」と思ってしまうのですが、

これを読んでやられました。

 

子供が安心する言葉だと思うのですが、

普段から気を張っている大人がこれをひとりで読むと、

響くなあと考えて紹介しました。