アイテム一覧

ブランド一覧

シーン

2016 年12 月 営業日
123
456789
10
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2017 年1 月 営業日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業時間:
10:00~18:00
定休日:
土日祝

友達1000人突破!!
作成に関する疑問解消中!!

オリジナルTシャツに関するニュースや
日常風景をアップしていきます!!

デザインをメインにお客様の声を
呟いていきます!!

プリントの風景やお客様のデザインを
アップしていきます!!

オリジナルTシャツ協会

トピックス

オリジナルTシャツ活用法

目的別・用途別・シーン別

プリントにまつわるお話し

オリジナルTシャツのデザイン

オリジナルTシャツ屋の雑記

オリジナルTシャツ制作の秘訣

作る前に知っておきたいこと

オリジナルTシャツ活躍例

プリント方法

タカハマライフアートではお客様のご要望に、
5つの印刷方法で対応しています。

Print method

シルクスクリーンSilk screen

シルクプリント サンプル

特徴

主に弊社で行っているプリント方法で、Tシャツの印刷に優れているプリント方法です。 市販されているTシャツもシルクスクリーンで作られているのがほとんどです。

1柄、1色ごとに版と呼ばれる型を作り、その版にインクを入れて、生地に直接乗せるように刷って行きます。 インクを乗せることで色は鮮やかに発色し、インクも多種多様なものがあるため、クラスTシャツや、チームウェアにお勧めです。

メリット

  1. 耐久性、仕上がり具合は抜群。
    プロ仕様の本格的なプリントに仕上がります。
  2. 大量に作る程、1枚あたりの金額がお安くなっていきます。
  3. 金や銀、蛍光などのさまざまなインクが使用可能です。

デメリット

  1. 1柄、1色ごとに版を作成するため、プリントする箇所や色が多いと版を何枚も作成することになり、 料金も1枚あたりの単価が割高となります。
  2. 1枚など、少ない枚数を作成する際にも版を作成するため、1枚あたりの単価が割高となります。

ラバーインク

特徴

Tシャツプリント中で最も定番なプリントで、生地の上にインクが乗っているような質感です。 そのため、淡色地、濃色地のどちらも発色が良いです。 ゴールド・シルバーカラーもプリント可能です。

注意点

1回刷るごとに熱乾燥させるためポリエステル素材の生地にプリントすると昇華*することがあります。 昇華*防止のためポリエステル素材の生地には水性インクを使用します。

染み込みインク

特徴

ラバーインクよりもプリントが薄く、生地に染み込んだような仕上がりになります。 そのためプリント面は柔らかい触り心地です。 洗濯すると生地に馴染んでいくので、古着のようなヴィンテージ風にしたい方にオススメです。

注意点

インクを染み込ませるため、濃い色の生地にプリントすると生地の色が透けてしまいます。 ただ、あえて濃い生地にプリントして色の重なりを楽しむこともできます。 濃い生地に薄いインクカラーの使用はオススメしません。

注意
ナイロン素材とポリエステル素材のブルゾンにはプリントできません。
ゴールド・シルバーカラーはできません。

シルクプリント サンプル

こんな人にはこんなプリント。

デジタル転写
フルカラーのような色数をふんだんに使いたい!
インクジェット
少ない枚数だけど質感にもこだわりたい!
カッティング
1枚1枚に名前や番号を入れたい!

デジタルコピー転写Digital copy

デジタル転写 サンプル

特徴

専用のシートにパソコンのプリンターで印刷をし、その印刷に版を使い、 インクで接着させるための糊処理をしてそのシートを生地に圧着させていくプリント方法です。 フルカラーで印刷できるため、何十色と使っても値段は変わりませんし、色の発色が良く、 グラデーションなど細やかな柄の再現に優れています。 フルカラーな写真のTシャツや、さまざまな色を仕様したTシャツにお勧めです。

当社は専用のシート作成から圧着まで全て自社で行っていることにより、 業界でも類を見ない短納期が可能となっております。

メリット

  1. フルカラーでも値段が変わることがなく作成できるため、デザインの幅が大きく広がります。
  2. トリミング(ふち取り)されるため、デザインをイメージ通り作成することができます。

デメリット

  1. シートを圧着させるため、質感が平面的で通気性に欠ける部分があります。

ふちについて

接着させるための糊処理に版を使っているので、柄に沿ったふち取りが可能です。

  • デジタルコピー転写 柄のふちが白のもの

    柄のふちが白のもの

  • デジタルコピー転写 柄のふちが透明のもの

    柄のふちが透明のもの

    生地が白色の場合に限ります

  • デジタルコピー転写 柄のふちがカラーのもの

    柄のふちがカラーのもの
    (スーパーふち)

注意点

転写シートはプレス機で熱をかけて圧着し定着させるためプレス跡(変色)がつくことがあります。
一度洗濯することでプレス跡は解消されます。

デジタル転写 サンプル

こんな人にはこんなプリント。

シルクスクリーン
立体的な重量感のあるプリントを施したい!
インクジェット
少ない枚数だけど質感にもこだわりたい!
カッティング
1枚1枚に名前や番号を入れたい!

インクジェットInkjet

インクジェット サンプル

特徴

インクジェットプリントとはTシャツの生地に直インクを吹きかけてプリントする方法です。

版などの機材が必要無いため、少枚数でフルカラーのデザインにお勧めです。 他のプリント方法に比べ手触りが良く、柔らかい風合いに仕上がります。

メリット

  1. インクを吹きかけてプリントをするためデザイン部がゴワつかず、着心地が柔らかです。
  2. 写真やデザインをそのまま使用できるので、フルカラーやグラデーションの対応が可能です。
  3. 1枚から作成可能で、他のプリント方法に比べ少枚数を費用を抑えて作成できます。

デメリット

  1. Tシャツの生地色の影響を受けるため、入稿データと実際のプリントでは色合に若干の差が発生します。
  2. データをそのままプリントの使用するため、画質が低いと荒れてしまいます。
  3. ポリエステル製品にはプリントができません。

デザインとボディカラーの相性について

グラデーションや手描きの柔らかいデザイン

生地の影響を受けない淡い色のシャツがお勧めです。

入稿データ

印刷

全体

拡大

入稿データ

印刷

全体

拡大

ヴィンテージ風のデザインや掠れ・色褪せた質感

濃いTシャツが向いています。

入稿データ

印刷

全体

拡大

入稿データ

印刷

全体

拡大

フルカラーの明るいデザイン

生地色の影響を受けづらく淡色・濃色どちらのボディーでも表現可能です。

入稿データ

印刷

全体

拡大

全体

拡大

入稿データ

印刷

全体

拡大

全体

拡大

注意点

濃色生地にプリントする場合、発色良くすために下地に白ベースをプリントします。 白ベースを定着させるために糊を吹くため、下の写真のようにプリント周りに糊痕が残りますのでご了承ください。糊痕は濃さは生地の色によって異なります。 一度洗濯(水洗いで可)をすれば痕はなくなりますのでご安心ください。

洗濯前


洗濯後


洗濯前


洗濯後


インクジェット サンプル

こんな人にはこんなプリント。

シルクスクリーン
立体的な重量感のあるプリントを施したい!
デジタル転写
フルカラーのような色数をふんだんに使いたい!
カッティング
1枚1枚に名前や番号を入れたい!

カッティングCutting

カッティング サンプル

特徴

着色されたシートを使い、カッティングプリンターで文字、デザインの形を切り出して、これをTシャツなどに圧着します。 版を作らないため、1枚1枚に違う名前を入れたり番号を入れたりでき、デザインを切り出すため周りにふちなどがつきません。

サッカーのユニフォームの背番号などがこのプリント方法です。

メリット

  1. 版を作らないため、1枚1枚別々の名前や番号を入れることができます。

デメリット

  1. シートの色が限られているため、ご希望の色をご用意できない場合がございます。
  2. 着色されたシートを切り出すため、単色となります。

注意点

カッティングシートはプレス機で熱をかけて圧着し定着させるためプレス跡(変色)がつくことがあります。
一度洗濯することでプレス跡は解消されます。

カッティング サンプル

こんな人にはこんなプリント。

シルクスクリーン
立体的な重量感のあるプリントを施したい!
デジタル転写
フルカラーのような色数をふんだんに使いたい!
インクジェット
少ない枚数だけど質感にもこだわりたい!

プリント方法 ページトップへ